ドバイでSIMを入手せざる得なくなるのと金ピカiPhone

dubai ドバイでオメーは止まれと言われる。

ハリネズミのような心持ちでケニアに滞在し、お気楽オランダでまったりしてさあ帰るかと飛行機にのったところスキポールで軒並み遅延・欠航。怪しい雰囲気で遅れてドバイに降り立つと、もうオメェは乗れねぇと言われて呆然とました。

ということで、ドバイに入国するハメになったので、ドバイでもSIMを入手することになりました。

ドバイ(dubai)とは、アラブ首長国連邦(United Arab Emirates)の構成国の一つ。降りるの避けたのに。。。

着陸直前の図。この段階ではへーっ待ちだね、て感じぐらい。


0) SIMをゲットするかしないかの逡巡
呆然と入国を終えるといくつかカウンターがあり、インド系の兄ちゃんに呼び込まれるなどしましたが、まあ、ホテルに行けばとりあえずWi-Fiあるだろうからそこで調べてまた考えようとおもったところ、ホテルのWi-Fiが有料で微妙に高い(ように見える)。2時間10AED(ディルハム=現在約30円ぐらい)だったような。24時間だと75AEDぐらい?だったように思います。

ホテルのWi-Fiが有料というのがそもそも想定外。その上、ドバイは乗り継ぎだけでそれほど何かをしようという気が無かったため、値段の感覚が全くなく、すごく高いんじゃないかと思い込んでいました。

なので、だったらついに天下のapple様のiPad proのapple simなんじゃないかとついに契約を試みたのですが、プランがない、と表示されました。

今調べたところ、なんとドバイというかアラブ首長国連邦はないですね。カタールはあるのに!断行してるからか!
https://www.apple.com/jp/ipad/apple-sim/


などという逡巡を終え、万事休すとSIMを入手する旅に出ます。

1) SIMをゲットする
地図もなく現在地わからず、外気温40度にも達する気候のため、おとなしくバスに乗って空港に戻ってSIMを探します。電波はduという表示のキャリアを掴んでいたので、そのキャリアのカウンターを探して声をかけます。duというロゴがカワイイ。

パンフレットはあるんですが、SIMをおくれ、とカウンターのお姉さんに伝えると、手書きの紙で、この値段ね、と見せられたので合計112.75AEDのSIMを買います。計算すると、、、1日だけの滞在なのにとんでもねぇ値段です。パスポートを渡したような気はします。(覚えてない。。。)
こちらが到着したターミナルにあったカウンター。du!

あと、カードを削ってでてきた数字を何やら入力して開通をさせているようでした。

レシートの内訳をみると、Prepaid TRIO というのが57.75AED(税込)で、Recharge cardというのが55AED(税抜き)の合計ということでした。

今見てみると、まずそもそもの最初のカードがこちらと思われます。
https://shop.du.ae/bundle/view-plans-du/data-sim

で、リチャージカードなるものがこちらの55AEDのもの。削っていたのはこれと思われます。
http://www.du.ae/personal/mobile/data/databundles

正直、リチャージ分は私に関してはいらなかったな、、、とおもいます。

以上で通信環境を手にすることはできました。

手元に残ったパッケージやらがこちら。アラビア語は右から書くのですね、という。


2) 使い勝手どうなのか
電話は使いませんでしたが、通信は快適。速度も下り50Mbpsを叩き出す瞬間もあります。まあ、値段の分だけ仕事はしてもらっているといえます。あ、iPad proはどうすんだってのがあるので、テザリングしましたが、問題なくテザリングできます。
LTE! 50Mbps!テザリングできるよ!


3)その他の通信とか文化とか
なお、一時空港でターミナルがわからず、迷ってしまっていたのですが、その時写真を撮った別のキャリアのカウンターはこちら。なんでもこっちが日本におけるdocomoだよ、って話もあり、こっちにしとけばよかった。インド系のお兄ちゃんごめんなさい。
etisalatというキャリアでしょうか、エティサラット? 


安心したので、ホテルに戻り遅延の連絡と業務確認などを終えて日が暮れてきたので、ちょっと外に出歩きましたが特に不具合もなく。

あと、シャツとパンツ、靴下がなくて詰むという状況だったので、モールを訪れてちょっとお買い物しましたが、電気屋さんもたくさん入っていてなんでもあるね、という印象でした。スケートリンクやら噴水やら水族館やらがありまして、こいつはゴージャス、イかれてるぜ!とも思い。
スケートリンクにLEDマトリクスのディスプレイがドーン!の空間。奥にはフットサル。

で、そういえばと思い出したのが、24金ですという金ピカのiPhoneも展示されてました。いくらなんだかわかりませんのと、こんなに雑にガラスケースに入っているだけでいいの?偽物なの?は定かではないです。いずれにせよ、おお、そうか。。。という説得力はある街でございます。

金ピカだぜ!というiPhone。まあ、そうか、とスルーできるだけのゴージャスな街です。


とはいえ、ただ、ラマダン期間ということもあり、日中の飲食や喫煙は強く制限されます。なのかどうかはわかりませんが、ラマダンセール、25GBで100AEDだよ!と引きこもりに向けたプランの提案がSMSで飛んできたりと、なるほどこれがイスラムか、、を体感した次第です。

コメント

このブログの人気の投稿

Суммы пожалуйста! (SIMパジャールスタ)といってもそれほど通じなかった件

R.drawable.iconが使えないときは

ストリーミングについての右往左往