投稿

2014の投稿を表示しています

Суммы пожалуйста! (SIMパジャールスタ)といってもそれほど通じなかった件

イメージ
ロシア(Россия) に思い立っていってきましたので、彼の地のSIMについて記載します。

ロシアと一言にいっても、広大な国土を持つ国なのですが、今回訪れたのは極東地域、ハバロフスクウラジオストク、サハリンのユジノサハリンスクです。

で、事前にSIMカードどうやって買ったらいいのかなと調べてはいたのですが、以前のようにココにSIMカウンターがあるという確たる情報がなかったため、難儀しましたが。なかなか旅行者向けの情報がなく、現地いってえいやーで何とかなるかなとおもっていたのですが、案の定なんとかなりました。

1)どこでどう買ったのか?
さて、どこでどうしたのか結論からいくと、ハバロフスク空港にはSIM売っているカウンターがあります、が、国際線ターミナルにはなく、国内線ターミナルなので、それが注意です。到着時ではなく、乗換出発時に国内線に乗ったので、その際に入手できました。

カウンターがあったのはBeelineという会社。キリル文字ではбтлайнと書きます。蜂?ぽい黒と黄色のアイデンティティカラー。


2)具体的なやり取りは?
カウンターにいってお兄ちゃんに、SIM please! SIM パジャールスタ!っていったんですが、いろいろ言われてはて?よくわからんてなったんで、携帯見せてこれに入れたい、ってオーラで説明。お兄さんがカウンターからベストと思われるSIM取り出しこれでいいか、って言ってたんで、オケーっていいました。

で、やはりロシアっぽいとおもったのは、Micro SIMがいいの?と言われた(ような気がするので)Да (Yes) といったら、SIMカッターで標準SIMをバッチとカットしてMicroにしていらっしゃいました。

実用上問題ないのでいいですが、びっくり。

パスポートは?ときいたんですが、いらないと特にコピーもとられませんでした。めんどいからそうなったのかどうかは不明です。

値段は399р (рубль/Ruble/ルーブル、ペソではない、рがrにあたります)といわれたのでサソクサと支払い、で、終了です。

ちなみに、実際どういうプランか解読すると、どうやら月間プリペイドの模様。ただ、この場合300рとあるので、99рぼられたかな、、、という気がしないでもない。
http://khabarovsk.beeline.ru/customers/product…

敗戦を経てiPhone6に

イメージ
カタチが変わるよ、ということで、これはiPhone6にするしかねぇということで、今回は狂騒に参戦。そして同僚さんも業務的に参戦とのことなので渡りに船。

が、今回のapple storeは半端なかったです、はい。

Apple store 渋谷では事前に大陸系とルンペンの方々が多いとは聞いていたのですが、今回の基幹店は表参道ということでApple store 表参道にならぶことに。同僚さんが前日夜21時頃から並び、ちょっと身支度整えて23時頃に並ぶことに。この時点で、表参道駅から一駅先の外苑前駅の目の前の位置に。

これはもうあかんかもしれんね、という気持ちとともにおとなしく並んで待ちます。この際、以前並んだ際にシリを支えてくれた椅子がぶっ壊れ、非常に苦しい戦いを強いられました。そして、例の如く寒いです。

ちなみに、寝れるの?てよく聞かれるんですが、それなりに意識を失う事は可能です。今回は、イスラーム国の台頭をふまえ、今年の頭ぐらいに買ってつんどいた新書「世界を標的化するイスラム過激派 「アラブの春」で増幅した脅威 (角川oneテーマ21) 」を思い出し片手に。30分ぐらい読むと不思議と意識を失っていました。
で、今回の違いは、夜中に聞こえてくる行列の声は、北京語あるいは広東語なのか、日本語聞かねー、ということ。国際化。

そうこうしていると夜が開けます。

夜が明けると意識がハッキリしてきますが、6時になっても7時になっても、以前ならあったオヤツとか希望機種の案内がない。。。そして8時の開店も後方の我々にはよくわからんのでniconicoで銀座の中継を見たりして雰囲気を知るなど。

とりあえず、前方に走り端末を触ってなるほどとおもい、列にもどってしばらくすると6plusは売り切れの案内が早くも、そして13時ごろには6もこの辺りは在庫わからないよ、と案内に。おおよそアウト。あきらめます。

なお、この段階で、同僚さんが6plusを探す旅にでており6はキャリア契約であれば普通に量販やショップで契約できるという情報あり。その足でソフトバンク表参道店にならんで15時半頃契約完了。
コッチに最初から並んどけばよかったね!!

敗因はやはり、大陸系の動向を勘案し、列の長さから撤退判断を下すべきだったな、、、ということ。



iPhone6の所感
・でかい
あたりまえですが、でかいです。た…

スナフキンに必須のiPhone 5 バッテリー交換プログラムにだしてきたよ

イメージ
今年はなんと言いましょうか、iPhone運がないといいましょうか、いろいろと事がおこります。

一つは旅先での紛失、一つはガラス砕けちる、そしてiPhone6登場まえにもかかわらず、iPhone5バッテリー問題が。

中古買ったときから、バッテリすくない状態で着信があると電源がきれる、30%-40%のバッテリーの時に操作すると、フッと電源落ちる、といった症状に見舞われ、交換やむなし、と思ってましたが、爆弾を抱えていたようです。

はい、Appleが公式に交換しますよ、とのこと。

iPhone 5 バッテリー交換プログラム - Apple サポート
https://ssl.apple.com/jp/support/iphone5-battery/

29日からということで、早速交換に向かいました。

0)対象なの?を確認
上記ページでシリアルナンバーを入力すると案の定対象とのこと。あいやー。

1)geniusbarに予約する。
月曜日だか火曜日に予約をしようとサイトアクセスすると、いっぱいなのか空きがない、また今度かな、とおもったら、一つだけ枠が開いてたので予約だーん。このとき、apple IDを入力すると、連携したApple storeアプリに予約が表示されるんですね。ヘビーローテータターには便利なアプリなんだな、、、と実感。Apple store 渋谷。

2)バックアップなど下準備
バックアップせよとのことなので、Macにバックアップをとります。それほど時間かからず。

3)いざApple storeへ
予約時間が来たのでいざApple storeへ。名前を告げてしばし待つと、お呼出がかかるので症状などを答えて状況確認。
このとき、一旦答えた後にも呼ばれ続けたので?と思ったり。
電源がまずいってこととシリアルナンバーを入力でリペアプログラムの対象である事を確認。で、何やらApple store内のWifiにつなぎ、SafariにURLを入力してポチッとやると、診断プログラムのようなモノが走って、症状が確認できるみたい。
この仕組み、カナリ気になるところですが、さくっと終ってしまったので詳細不明のままで。
iPhoneを探すがoffになってる事を確認、で、パスコードロックをしてると確認ができないので外して、とのこと。さくっと外したけど、目の前で入力する事になるので、バレバレに…

iPhoneを落として砕けたガラスの顛末

イメージ
iPhone 3Gが登場したときに、たしか発売してすぐ、大学の講義もあるような時期に買ったんで2008年からかれこれ6年弱iPhoneなるものを使ってきた訳ですが、ついぞ物理的におとして壊れるということは一度もありませんでした(遺失的に落として無くす、はそういやあったんですが、これはまた後日)

が、本日ついにそのときが訪れました。出勤時にfacebookでコメントーっと入力終わった瞬間に、歩道に吹っ飛ぶiphoneとくだけるガラス。

拾い上げてみると、ぼろぼろと剥離するガラス、あーこれこれよく見る、っていうわけにいかず、操作できるか?と確認すると意外と動くんですね、これ。
りっぱというか、あきらめが悪いというか。

出勤途中で動くiPhoneでガラス修理を調べると、20,000ぐらいとあり、どうしよう。歴代のiPhoneもまだ持ってるし、さて、慌てずにSIM差し替えて使い続けるというのも手なんですが、さりとて、割ったままにするのも気味が悪い。

ということで、速攻お昼休みに修理に出してきました。
という決断ができるのも、職場が幸いなことに渋谷周辺にあり、修理屋さんが近場にあって持ち込み可能とのこと。
お値段もapple storeよりもお安いみたいだし、さてどこにしようということで、今回はあいさぽさんという修理屋さんにお願いしました。

ところが、お店が若干わかりにくい。よく東急ハンズ抜ける道の途中で、妖しいビルやな。。。とおもっていたそのビルにあいさぽさんの渋谷店があります。

マンションの一室、マッサージ(的。。)な看板に挟まれるその間口はさらにどん引き。足を踏み入れ、iphoneを差し出すと、動作状況を確認して、見積もりと引き換えチケットを渡してもらえます。作業時間としては、1時間とのこと。

大丈夫かいな。。。と思いながらも、終業後とりに行くとそこにはキレイにもとにもどったiPhone 5が。なんか、店員さんごめんなさい、ありがとう、でした。

副次的な効用として、なんでも液晶パネルも一緒に交換になるらしく、液晶も取り代わりました。実はドット欠けしていたので、それも直ったというちょっとお得な気分にもなりました。
お値段はiPhone5で8,800円+税、おまけで保護フィルム1枚もらえます。速攻貼りました。

ということで、事は急におきてそして収束していく訳ですが、意外に…

Wimaxを1日だけ使いたい、でもiPadでやってたら何やらハマる

イメージ
今年初投稿、おめでとうございますよっと。
さて、今回はWimaxについて。いまさらWimaxなの?という思いもありますが、狙いがあります。

というのも、Ustream配信を予定していたんですが、回線をどうしたものかと思い。
iPhoneのSoftbank回線ではLTE 7GB縛りがあり、かつ、上限到達で低速縛りに遭遇して、非常に不便になったことが。

とはいえ、毎月の課金のあるのもなんだしなぁ。ということで、イベント一発のためにはWimaxの1day契約なんじゃない!?ということでトライしました。

これ、iPadでやったんですが、一部ハマった部分があったので、そちらメモです。

0) iPadを用意する
正確にはwifiのみのipad miniでiOS7です。

1)ルーターをどうするのか?
実は以前Wimaxを使っていたので、ルーターは持ってました。しかし、回線契約はとうの昔に切れていたので使えるのかな?という不安とともに開始。

使っているのは下記のもの、単品高い!ですが、中古だともっと安く並んでるのみました。ちなみに、このルーターは、携帯電話とかとは違って、回線契約を一緒にする必要はありません。中古でも何でもいいのでWimaxのルーターを入手すればオケーです。




2)事前準備に契約アカウントをつくる
ググると1Day契約をするにはまずアカウントをつくっとけ、とのことなので作成しました。どうやるの?というのは、Wimaxルーターに接続して192.168.0.1を開くとなにやらウィザードが開かれるので順々に入力していきます。





以上で契約手続きは完了です。ただ、まだ使う気がないけど契約はじまってしまったのか?というのがいまいちわからなくて不安。
結果としては、この段階ではアカウントができただけで課金はされてないです。

3) 1日使うよ!
必要になったので、ついに1日分の契約をします。この契約が終わるまでは、電波は届いていれども、インターネットの海には漕ぎ出していない、という状態。
なので、契約をすすめるんですが、iPadだけで完結するはず!でしたが、ちょっと戸惑いがありました。