Dev at Cafe

Ichi先生に進められた、iPhoneデベロッパー本を買いに行く。
本屋で買うのではなく、本屋で内容をチェックし、ヨドバシ梅田にいって、ポイントで入手したりするのですが。

ついでに、実記のiPhone 3Gsを触って、動画撮影と電子コンパスを確認。動画は簡単にクリッピングする仕組みと、指で操作するというのが非常に直感的でわかりやすい。一フレームごとの編集は無理かもしれないけれど、アメリカ人よりは日本人の繊細な指でクリッピングすることはそんなに難しいことじゃなさそうです。

電子コンパスは、当たり前のように南北を指してくれます。この仕組みを用いた風水アプリがあるかどうか調べていませんが、あらぬ方向へナビするおもしろサービス(例えば、待ち合わせはここで、そのルートはここ!みたいなメールをまわしてその過程すら楽しむ、みたいな)やぐるぐる回って遊ぶフィジカルなゲームができそうです。レースとかやっても面白いですね。

本については、第2章までカフェでカチャカチャやって理解。うーん、アプリが動く仕組みがわかるようで面白いですね。

まあ、それより何より、カフェでおっさんと妙齢の女性が何やら面接をしている風景に興味津々でした。





コメント

このブログの人気の投稿

Суммы пожалуйста! (SIMパジャールスタ)といってもそれほど通じなかった件

R.drawable.iconが使えないときは

Wimaxを1日だけ使いたい、でもiPadでやってたら何やらハマる