URL非表示

loggerにデザインエディタができてた。いきなり複雑な事ができるようになりそうだったけれど、取り合えずサンプルに差し替えてみた。

なんだか、水滴がトレンドな昨今のUI系画像。ナチュラルな素材は観ててなんだか飽きないし、落ち着くというのが、作り手からもかんじます。

さて、今日は、やっぱりweb周りのテクでなるほどと思ったことがあったので、ポスト。

iPadでメニューバーを隠す方法を試してたけれど、jsでくるくるっとやるiPhoneの方法が知れていますが、それはこちらのjsをheadにはると。

<script type="text/javascript">
        <!--
          window.onload = function() {
            // for hide URL bar
            setTimeout(scrollTo, 100, 0, 1);
          }
        // -->
</script>

で、iPadはそもそもくるくるっとできなさそう。で、どうするかというと、webclipとしてリンクすると、起動時にメニューバーが消えるというこういう仕掛けになるそうです。
これら3行をheadに入れたらできるはず。

<meta name="viewport" content="width=device-width; initial-scale=1.0; maximum-scale=1.0; user-scalable=no">  
<meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes" />
<meta name="apple-mobile-web-app-status-bar-style" content="black" /> 

イヤーたのしい。

コメント

このブログの人気の投稿

Суммы пожалуйста! (SIMパジャールスタ)といってもそれほど通じなかった件

R.drawable.iconが使えないときは

Wimaxを1日だけ使いたい、でもiPadでやってたら何やらハマる