ブクロ(グ)さいこー

いままで全然気づかなかったwebサービスではまっているのは、ブクログというもの。本を登録して仮想の本棚に並べる事ができる、というサービスなのですが、楽しいです。

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

今までも、読んだ本をどこかに登録してみようと試みたことがあったのですが、いかんせん煩雑。そして、途中でモチベーションが下がる、という問題も。

一方、ブクログでは、まず本の登録が簡単。

iPhone, Androidのカメラで本のバーコードを読み込めば登録完了というお手軽さです。もちろん、手動で入力もできますが、Macのアプリでも、iSightなどをつかって読み取ることができます。
ただし、Macに内蔵のカメラは、向きが微妙で、作業する際にディスプレイに本が阻まれて作業しづらい、という問題があります。
そこで、以前テスト用に入手したWebCAM をつなぐと、読み込みがぐっとらくちんになります。こつとしては、2つのバーコードを読ませたあと、すっと上のバーコードだけ写るように動かすと読み込みがスムーズ。

こんな感じで読み込みます。
さくさく登録がすすむものですから、どんどん登録してしまいます。

さらに、これ、公開されるので、たとえばおすすめの本を登録して、他のブログにはるっていう使い方もできます。従来は、amazonのアフィリエイトリンクなんかを貼ってましたが、自分が持っている本のデータベースとは関係がないという問題も。
ブクログなら、自分の本棚の本ということで、レビューとかできてよいです。

さらに、電子書籍の本屋さんやiTunes の本アプリ音楽、独自書店の本も登録できちゃいます。いやーなんだか嬉しいです。

今回、やってみて思ったのは、本棚に並べるということの効用についてですが、あー、そいういえばこんな本読んだなーとかそういうことを本棚を見るだけでなんとなく思い浮かべることができるということ。

これって、ハコにしまってしまうと、見る事ができないので、読んだという事実を思い出すことが少なくなっちゃいます。

架空でも本棚にすることによって、意外な発想をその並びから得ることができるんじゃないだろうか?などとも考えてます。また、人の本棚を見たりこちらの本棚を整備して公開したりなどしたいなー。と。

あー。まさに、インターネット的。

コメント

このブログの人気の投稿

Суммы пожалуйста! (SIMパジャールスタ)といってもそれほど通じなかった件

R.drawable.iconが使えないときは

Wimaxを1日だけ使いたい、でもiPadでやってたら何やらハマる