Web OS

Web OSをインストールしてみた。

具体的に何ができているのか、やっぱりよくわからないのだが、整理してみよう。

1)Webブラウザで動くOSだ。
従来は、ハード→OS→アプリケーション
だったが、
ハード→OS→アプリケーション(ブラウザ)→WebOS→アプリケーション
という構造だ。

2)リソースはWebサーバとローカルとに分けられる。
主として、ユーザインタフェースの処理は、ローカルで行われる。
主として、データ処理は、Webサーバで行われる。

3)環境に依存しないようで、する。
Webブラウザが使えれば、データの在処の実体は気にしないでいい。
が、ブラウザができないことは、当然WebOSもできない(はず)。

何が一番よいかというと、Googleの各種サービスと異なって、デスクトップ環境がある、ということ。
つまり、地平線があるような概念。
Googleはいろいろできるけど、ビルの中では今何階にいるのだろうか?ということがよくわからない。

そういうことを思うのがwebosでした。

eyoos - Cloud Computing Operating System

コメント

このブログの人気の投稿

Суммы пожалуйста! (SIMパジャールスタ)といってもそれほど通じなかった件

R.drawable.iconが使えないときは

Wimaxを1日だけ使いたい、でもiPadでやってたら何やらハマる